ボールがバンカーに入ったときの対処法って

ボールがバンカーに入ったときの対処法

ボールがバンガーへ落ちると『しまった』と感じる人が多いのではないでしょうか。
こんなことを言うと、
「え、違うのですか?」
「それなら、バンカーにボールが落ちてうれしいと思う人がいるということでしょうか?」

などと食って掛かる人がいますが、そうではありません。
ここでは、ニュートラルに考えようということです。

つまり、バンガーが不得意だと考えている人は、実は理由もなしに『苦手だ』と思い込んでいる人が多いのですよね。しかしそれも、バンカーで上手に対処できる術を知らなければ無理もありません。上手に対処できなければやっぱり苦手だと思ってしまいますからね。

ですからバンガーで上手く対処出来る方法を知れば苦手という意識を克服できるでしょう。
そこでバンガーが苦手だと思い込んでいる方にパンガー内での対処の方法をお話しします。

まず重要なのはバンガーショットの際に砂を取りすぎない事です。
もし砂を取り過ぎた場合にはフェースが閉じてしまいます。そうなるとバウンス角の長所を上手く使う事ができなくて、砂にクラブヘッドが埋もれてしまいインパクトが弱くなります。
つまり重要なのはバンガーショットの時に砂は少しだけ長く取る様にするという事です。
そしてアドレスをきちんと作り、砂も含めてボールを運ぶと言う感じで打てば抜けるのが簡単になります。

この事を知らない人は多いのですが、プロの人達にとっては常識になっています。
バンガーが苦手だと思う人はこの方法をとってみて下さい。


TOP PAGE