バンカーショットのコツについて書いています

バンカーショットのコツについて

バンガーショットというと、難関のショットになるというのが多くのゴルファーの感じ方ではないでしょうか。しかし一見すると難しそうに見えるバンガーショットについては、コツが理解できればそんなに難しくはないのです。

よくバンガーのボールを力いっぱい打つ人がいますね。しかしコツさえ知っていれば楽にバンガーを攻略ができるのです。

ではそれは具体的にどういう方法なのか、というところが気になるところでしょう。
ここではバンガーショットを苦手としている人にそのコツをお話しします。

まずフェースを開き、次にグリップをするというのがバンガーショットで一番大切なポイントになります。フェースを単に開くだけではダウンスイングの時にフェースが閉じてしまいボールは左に行ってしまいます。ですからフェースを開いてから次にグリップを直すのです。
深いバンガーでフェースの開きが重要なのは、フェースが開いているとロフトが増えて、ボールが高く飛ぶからです。

また足場が悪いバンガーでは足の滑りを防ぐために、ちょっと足をバンガーに潜らせるのも良いでしょう。足場が悪い所でショットをすると力が分散するので、膝を通常より曲げ体の重心を下げるとショットが安定します。

バンカーショットは自己流で行うとなかなかうまく行かないばかりかかえって上達が遅くなってしまうことが多々あります。まずは上手な人、あるいは上手な動画を参考にして、ソツないバンカーショットを自分のものにすることがスコア上達への秘訣なのです。

どうせ必要となるバンカーショットです。それならば変に苦手意識を持ち続けないようにしたいものですね。


TOP PAGE