バンカーショット練習のポイント

バンカーショットの練習法

バンガーショットは苦手な人が多いようですね。というか、バンカーが好き、バンカーが得意だというひとはかなりまれだと思います。

でもバンガーショットは苦手だからといつも避けているとゴルフの上達は望めません。
バンガーに入り易くなっているコースもありますから、バンガーの練習加減によってスコアにも差が出てくるのです。
ですからここではバンガーが苦手な人にどんな練習をすべきかお話しします。

芝生の上でのショットのスイングとバンガーでのショットでは練習の仕方が根本的に違います。
ポイントはバンガーショットの時にはボールと砂を一緒に運ぶような感覚で打つ事です。ただ力任せのスイングではバンガーからは抜け出せません。

さてティッシュペーパーを使う効果的な練習方法を紹介しましょう。バガンガーの上に4つ折のティッシュペーパーを置きその上にボールを置いて下さい。ティッシュペーパーごとボールを打つので、癖があってヘッドの入りが深すぎたり浅過ぎたりするのを矯正できます。
この方法に慣れたなら、その感触を思い出して本番でのバンガーショットに応用しましょう。

ゴルフでは一定確率でバンカーショットが必要とされるのはどうしようもないことです。それならば、バンカーショットをものともせずプレーを続けられるという状態にあることがスコアを伸ばすのに有利になることは言うまでもありません。


TOP PAGE