ルールを覚えるのが第一歩

ゴルフのバンカーとルールを覚えることについて

スポーツと言うのはどれもそうですが、ルールを知っておくことは大切です。ゴルフの初心者も同様で、まず知っておきたいのがルールです、これは自分が楽しむためでもありますが、ルールを知らないままコースに出て他のプレイヤーに迷惑をかけてしまわないようにも、ルールをきちんと知っておきたいものです。

ここではバンカーにおけるルールについて書こうと思います。
初心者でもバンカーと言う言葉はご存知の方も多いと思いますが、バンカー内でスタンスしているときに、砂を動かしてしまい、意図せずにボールが動いてしまっても、1打分に数えられてしまう、というルールがあります。
また、バンカー内での素振りもご法度で、バンカーショット前に素振りをすると、ここでは2打分の罰則が科せられます。
バンカーからボールが出れば素振りはしてもいいのですが、バンカー内でのこのルールを知らないとゲームの勝敗にも関わってくるので注意が必要です。

加えてバンカーショットにおいて初心がやってしまいがちなのは、2度打ちと言って、クラブにボールが2回当たってしまうケースですが、もちろんこれは2回打ったことになってしまい、2打分の罰則が付けられますので注意が必要です。

バンカー攻略はとても難しいものですが、まずはこういったルールを知った上で、DVDや本などで勉強すれば、上達も早くなるはずです。本を読んでいるとイメージがつかみにくく「ゴルフが楽しいものとは思えない」と思っていたのが、人と対面であったりDVDで学ぶことで「ゴルフは面白い!」と変わることも珍しくないですからね。



TOP PAGE