ハンデは気にしすぎてもいけないが・・・

ゴルフのハンデをどのようにとらえるか

初心者の肩の為に設けられているルールのひとつにハンデというものがあります。「自分はハンデいくつだ」「ハンデ上がったね」など、ゴルフにおいてハンデという言葉を耳にしたことある人も少なくないでしょう。
これはゴルフ上級者と初心者が一緒にプレイする際に適用されるもので、そのままゴルフの実力を表すものでもあります。
ハンデはもちろんですが、その数値が低いほど実力者であると考えることができます。
上限は36で、ハンデキャップが1桁になるとシングルプレーヤーと呼ばれるようになります。

このルールはアマチュアだけに適用されるもので、決め方として最近の平均スコアから72を引いた数がハンデとされます。
ですので、試合のときにきちんと申請できるように自分の平均スコアの把握はしておいたほうが良いでしょう。ハンデを上げることのみに気が言ってしまうと本末転倒ですが、自分のスキルレベルのアップが数値に見えて出てくるというのはまたたのしいものです。

また、世紀のハンディキャップと言うものもあり、これは日本ゴルフ協会の規定によって算出されるもので、協会が証明書を発行してくれるシステムになっています。
初心者はまず前述のシングルプレーヤーになることを目標に練習し、そしてコースへ出るのですが、そのためにはDVDなどを利用してレッスンすると上達が早いので、積極的に活用するのが良いでしょう。


TOP PAGE