コースの中でグリーンは最も重要だとも言えます

ゴルフコースにあるグリーンをよく知る

コースについての理解が深まることで、初心者の方でも比較的上達が早くなることがあります。
特にグリーンのことに詳しくなっておくとより効果的だといわれいます。ゴルフでのコース上にあり重要なものの1つがグリーンであり、もう1つがフェアウェイです。

その中でゴルフの勝敗に大きく左右するのがグリーンであることは言うまでもありません。グリーンを制するものがゴルフを制するとか、パターは金成という言葉を聞いたkとがあるでしょう。

ではここではグリーンについて少し詳しく話しておきます。

ゴルフコースのカップ周辺であるグリーンは、コースの中でも最も短く芝が刈り込むことでスムーズな面にしてあり、フェアウェイやラフなどとは一目瞭然で分かるようになっています。

またグリーンの斜面は傾斜が強いもの、うねりが強いものなど様々な形状を持つコースがありますが、カップにはピンが立ててあるので遠くからでも視認しやすくなっています。

ところで、コースによっては1つのホールに2つのグリーンがある(ツーグリーンと呼ばれます)ことがありますが、これはメンテナンスや季節によってグリーンを使い分けられるようになっています。

グリーンを深く理解するほどにパッティングがうまくいき、スコアアップにつながりやすいので、初心者の方はこのグリーン攻略のためにも目で見て分かるDVDを積極的に見て勉強しましょう。


TOP PAGE