バンカーを攻略するために

ゴルフコースにあるバンカーとその姿勢について

ゴルフコースの中の障害物でもとりわけバンカーというのは場合によっては熟練のゴルファーも苦しめるもので、ましてやゴルフを始めたばかりの初心者の方においてはバンカーに入れてしまう回数もさることながら、そこから抜け出せず一気にスコアを下げてしまうこともあるイヤ〜な障害物です。

バンカーは、フェアウェイに沿って作られているものと、グリーン周辺に設置されているサイドバンカーの2種類があり、前者についてはティーショットが落ちやすいポイントの周辺に設置されています。
バンカーショットの難しいのは、アゴがそれほど高いものでなくても、アゴとの距離が短すぎてグリーンへ向けたショットが打てず、とにかくフェアウェに出すという目的だけのために1打使ってしまうこともあります。

また、サイドバンカーに関してはアゴが高く、グリーンまでの高低差が大きく、グリーン狙いで打ったショットがバンカーに直撃し、ボールがむしろ砂に深く埋もれてしまう「目玉」という状況になることもあります。
初心者の方はバンカーに一度入ると泥沼になる可能性がありますので、バンカー近くになったらより慎重になるようにしましょう。

ただ、慎重になりすぎるとスイングが硬くなり、全体的にスコアが落ちてしまう傾向になりますから、慎重であるけれども不必要に固くはならない、ということが重要で、これができるのがゴルフのスコアアップの第一歩だとも言われます。



TOP PAGE